• ホーム
  • 頻尿って病気なんでしょうか?

頻尿って病気なんでしょうか?

普段同じような生活をしていても、時としてトイレが近くなり、一日に何度も行ってしまうことが発生します。
一日の内で行く回数というものは、大体決まっているのですが、それ以上になると頻尿の病気ではないかと心配になります。

頻尿で一番困るのは、外出時に何度もトイレに行きたくなることで、楽しくないばかりか毎回行くのが煩わしくなります。
その中でも場合によっては、トイレ休憩ができない場所だったり、或いは旅行でバスの中ということもあります。
尿意を催すと、我慢が出来なくなってしまうのが特徴です。

頻尿を感じ始めると、外出時に何処へ行ってもまず先に、トイレの場所を確認してから行動するパターンになってしまい外出が楽しくありません。
トイレに行ったばかりなのにまた行きたくなり、それを何度も繰り返しているうちに、病気の有無に関係なく定着し習慣になってしまいます。

困るのは昼間だけではなく、むしろ夜間に起こる方が厄介で、毎晩行く回数が増えることで質の良い睡眠時間となりません。
季節によっては、トイレに起きるのが苦痛になったり、体調に差し支える場合も出てきます。

日常的に症状が続き、自分の生活に支障が出てくるようであれば病気ではないかと疑って、次の行動に移すのも良い方法です。
そのような時には、思い切ってクリニックへ行き、病気が有るかどうか医師の判断に任せることも一案です。

クリニックでは問診の他にも、普段の尿の回数や、一回で膀胱に溜まる尿の量をはかる検査をし、それをもとに医師が病気の有無を判断します。
判断した結果、やはり過活動膀胱のような病気であれば、クリニックへ通院し処方された飲み薬を服用します。

膀胱に尿が溜まるのが少なくても、溜まっていると体が過剰反応してしまう病気が、過活動膀胱というものです。
処方された薬を飲むことにより、尿の回数が減り頻尿が収まるので、今まで何度も行ったトイレに関しても、行く回数が少なくなり、安心して外出が楽しめるようになります。

頻尿の原因と改善方法

頻尿ではないかと思われる原因は色々あり、ただ単に飲料の飲み過ぎであったり、飲料でも利尿効果のあるものを沢山飲んだなどです。
どなたでも年を取って、加齢が原因で膀胱を支える筋肉が衰えてゆるくなることで、頻尿の一因になる場合があります。
膀胱も本当は少ししか溜まっていないのに、満タンになったという情報が脳に伝えられて、尿意を感じその度に行くことになります。

膀胱が尿意に対し、頻繁に過剰反応してしまうのです。
体内の筋肉が弱くなることで、引き締めるというコントロールが出来なくなり症状が起きやすくなります。

本人がまだ若くても、盲腸の手術がきっかけとなって、トイレが近くなるような場合がまれにあります。
頻尿は個々の体調によるものと、加齢などで病気が出てしまった場合とに分かれるものです。

同じ食生活をしていても、若いころには何ともなかった行動でも、年齢を重ねた中高年の方々は、それなりに体も加齢により違いが起こってきます。
水分摂取は体の維持において必要不可欠ですが、その他の改善法を試みる必要があります。

医師の判断で病気であれば、改善法として処方された薬を服用するのは勿論のこと、膀胱や周辺の筋肉を強くするような、エクササイズや体操などが必要になります。
ゆるんだ筋肉が丈夫になることで、以前のように尿の量をためられるよう体内でコントロールされるので、今までのように調節できるようになります。

自分でできる簡単なエクササイズは、膀胱周りの筋肉を意識して閉じたり緩めたりを繰り返すことで、
水分摂取の習慣以外にも、寝ている布団の中でも日常の生活の中でも行える、簡単なものなので毎日取り入れ続けることで調節され改善する早道になります。

関連記事
いいものばかり食べていると痛風になるぞ 2019年10月31日

痛風とはその文字通り、「風が吹いても痛い!」と表現されるような激痛が生じてしまうもので、歩くこともままならないどころか、立つこともできないような状態に陥ってしま...

高血圧にならないための生活習慣を学ぶ 2019年10月01日

高血圧は生活習慣病と言われており、血圧を上げないような生活習慣を送ることが大切です。原因となることを避けることで、高血圧にならないように気をつけましょう。生活の...

肥満解消には運動も必要です! 2019年08月08日

肥満と言われるのはBMI25以上の人のことですが、体重と身長から算出される数値ですので、脂肪が多くて重たいのかどうかは数字からは分かりません。その見分け方として...

糖尿病にならないために糖質制限ダイエットを開始 2019年08月05日

糖尿病とは生活習慣病の1つで、血糖値が高くなってしまう病気のことをいいます。食事をすると胃腸で食べ物が消化され、血液中にブドウ糖として流れ込みます。血糖は血液と...

糖尿病になると色々な合併症を起こしやすい 2019年08月02日

糖尿病の初期は特に自覚症状がありません。検査を受けると血糖値が高かったり、ヘモグロビンA1c(HbA1c)という検査項目の数値が基準値より高かったり、尿に糖が出...